菊間瓦のコースター

瓦コースター(麻の葉)

【四国の瓦の発祥の地で老舗瓦屋が手作りした吸水性に優れた敷物。】愛媛県今治市にある小泉製瓦は10代続く菊間町でも老舗の瓦屋です。工芸瓦作品も手がけており、ひとつひとつ丁寧に手作業で制作してします。コースターシリーズ『敷』は、瓦の特性を生かした作品で、瓦素材に伝統の和柄(麻の葉柄)をデザインしています。元来、瓦には10%もの吸水率があり、水滴が付いてもすぐに吸収し、空中に拡散させます。通常、瓦には「いぶし」という製法を施しますが、上の部分のみ載せず更に吸収性を高めた機能性のある作品です。

ブログ

Posted by ottomen