【ジャコウネコのコーヒー】

2019年2月5日

◆「世界一高価」なコーヒー
◆う○ちから作られるコーヒー
◆【ジャコウネコ】って?
◆ジャコウネコのコーヒーが出来るまで
◆めちゃくちゃ高いそのお値段
◆なぜ急にジャコウネコのコーヒー?

 

こんにちは!藤本です!

 

 

 

突然ですがみなさん、
【ジャコウネコのコーヒー】って
聞いたことありますか?

 

コーヒー好きな方なら
ご存知かもしれませんね!

 

 

 

 

◆「世界一高価」なコーヒー。

世界で一番高価といわれているコーヒーです。

【ジャコウネコのコーヒー】以外にも色々な名前があります。

一番有名な名前は「コピ・ルアク」だそう。

「コピ」とはインドネシア語でコーヒーという意味で、
「ルアク」は野生のジャコウネコという意味です。
なのでジャコウネコのコーヒー=コピ・ルアクとなるのだそう。

 

 

 

 

 

 

◆う○ちから作られるコーヒー。

びっくりしますよね。
「○」の中はまあ、あの、アレです。
しりとりで使うと負けるやつです。

【ジャコウネコのコーヒー】とは
簡単にいうと、ジャコウネコという動物の
う○ちから取り出したコーヒー豆のことです。

 

 

 

 

 

◆【ジャコウネコ】って?

食肉目ジャコウネコ科に属するネコの総称。
狭義にはジャコウネコ亜科に属する
オビリンサン,ジェネット,マレージャコウネコなどをさす。
その名のように尾のつけ根や下腹部に臭腺をもつものが多い。
現生のジャコウネコ科は 80種あまりから成り,
食肉目のなかでは最も多い。
ジャコウネコ亜科のほかにハクビシン亜科,ヘミガルス亜科,
ガリディア亜科,マングース亜科,フォッサ亜科に分けられ,
東南アジアから,アフリカ,ヨーロッパ南部にかけて広く分布する。
(コトバンクより一部抜粋)

なんか難しい説明ですが
ネコっぽくてかわいい動物だと私は思いました。
(小学生以下の感想)

 

 

 

 

◆【ジャコウネコのコーヒー】が出来るまで。


(1)ジャコウネコがコーヒーの実を食べる

ジャコウネコはかなりの食通のグルメであり、
本当に美味しくて熟れたコーヒーの実しか食べようとしません。
人間が手摘みでコーヒー豆を収穫するよりも
はるかに優れたその選定能力が、結果として
ジャコウネコのコーヒーがいい味と香りのする
最高級のコーヒー豆しか使われていないことにつながるのです。

 

(2)ジャコウネコがコーヒーの実を消化する

体内で約12時間も自然発酵されることになり、
その消化の過程でコーヒー豆(種)が
絶妙な深みを持つことになります。

 

(3)ジャコウネコがしたう○ちを集めて洗浄する

 

(4)ジャコウネコがしたう○ちを乾燥させる

 

(5)ジャコウネコがしたう○ちを焙煎する

この焙煎の過程で、コーヒーの苦味が消えて、
ジャコウネコのコーヒー豆特有の
甘くフルーティーな香りが漂うとのことです。

(参考サイトリンク-一部抜粋)


・・・だそう。

 

 

 

 

◆そしてめっちゃ高い。

喫茶店にジャコウネコのコーヒーを
1杯飲みに行った場合には、
5,000円から8,000円くらいするそうです。

たっか!!!

でもこのコーヒー豆が出来上がるまでの
手間ひまを考えると

当然の価格なんでしょうね~。

 

 

 

 

 

◆なんで急に【ジャコウネコのコーヒー】なのかというと・・・。

理由はさっぱり分からないんですが
社長からいきなりこんな画像が送られてきたので・・・。

※かなりダイレクトな画像だったのでスタンプで隠してます♡♡♡

 

相変わらず謎な社長です・・・(´;ω;`)笑

 

 

 

 

 

 

ということて今日のブログは
【ジャコウネコのコーヒー】についてでした~!

 

もし飲んだことがあるよって方が
いらっしゃいましたら
感想を教えてくださいね!!

 

 

 

それではまた明日♪