石水彫刻所とOttomen

2018年11月1日

本日は、愛媛県西条市の西条まつりに奉納されるだんじりの彫刻師 石水信司 氏の作業場へお邪魔させていただきました。

石水氏は、10代の頃から製作を手掛け西条だんじりの彫刻技術を継承しており、最近では、道後温泉別館・飛鳥乃湯泉に、だんじり彫刻の技を用いて、源氏物語で道後温泉を「伊予の湯桁(ゆげた)」として当時を表現した作品が飾られております。西条まつりに奉納されるだんじりの彫刻は勿論のこと、建築にも用いており、石水氏の作品は多くの方に感銘を与えております。

良き縁での出会いがあり、Ottomen`s Garlley に天照大御神の物語を製作していただくことになりました。

(写真は作成中を特別に撮影させていただきました)

更に、日本の歴史的物語を描写し表現した作品をOttomenが手掛ける建築にも提供してただけることにもなり沢山の方に石水氏の作品を御紹介できるようになりました。

本日は、とても貴重なお時間、作業の場などを拝見させていただきまして誠にありがとうございました。