ホーム

2019年3月22日

美しいモノを置くのではない。美しく暮らすのだ。

美術・伝統工芸品のある暮らしについて、北大路魯山人先生が生きていたなら、このように言ったのではないだろうか。

美術・伝統工芸品は、それ自体が美しい。しかし、モノに頼る「美」の愛で方は、美術館に陳列するような冷たいものであると考える。

Ottomenは、生活の中に「美」を取り入れ、生活に調和した「美」のあり方を追求していく。


希代の美食家のイメージが強い北大路魯山人さんですが、晩年「家で食べる食事が一番」とおっしゃっていたと聞くと、美食というのは「美味しいものを食べるのではない、美味しく食べるのだ」という食の地平に至るまでのプロセスであったのではないでしょうか。魯山人さんは庶民的な感覚を持ちながら「食」「藝」「生活」の分野で活動されていたと思います。
海外の藝術家とも交流が深く、パブロ・ピカソとも親しく交流していました。


魯山人倶楽部

Posted by ottomen_wpid