事務所に『ギルティング』を!

2018年11月24日

 

 

こんにちは。
今日のブログは松尾が担当させていただきますね。

 

 

さて今回は
以前、事務所の壁に『ギルティング』の施工を
して頂いたときのことです。

 

 

ギルティングとは、フランスの技法で
糊のうえに金属箔を貼り付けて
デザインを施す技法です。

 

施工してくださったのは
Ottomenが以前からお世話になっている
五十崎社中様です。

 

 

 

◆こちらは『ギルティング』施工前の事務所の壁。

すこ~し寂しい感じですよね(´・ω・`)

 

 

 

 

 

 

◆ここへ金属箔を貼り付けるための糊を塗ります。

こんなに大きな型を使うんですね。

 

 

 

 

◆うっすら糊が見えます。

 

 

 

 

 

 

◆金属箔を丁寧に貼り付けていきます。

色合いが決まってくる大切な工程です。

 

 

 

 

 

 

◆ハケを使って慎重に。

 

 

 

 

 

 

◆余分な金属箔を落とします。

全体に金属箔を貼り終わったら

ブラシを使って仕上げます。

 

 

 

 

 

 

◆完成

金属の、酸化と腐食性の特徴を活かして
独創的な美しい色合いを表現します。

施工の度に、違った色合いを見せてくれるため、
「世界にひとつだけ」という
特別感もありますよね。

 

 

 

 

 

 

◆どこにでも施工できる。

このギルティングは
施工できる場所がかなり幅広く、

木材や、石、壁のクロスなど
だいたいのものには
問題なくデザインを施すことが出来るのです。

良いですよね!(*∩∀∩*)

 

 

 

 

 

さらにこのギルティングは、
著作権や肖像権を侵害しないものなら
好きなデザインを作成してもらえるのです!

 

おうちの中で、どこか一箇所だけでも
金属箔が生み出す美しい色合いを
取り込んでみてはいかがでしょう?

 

 

 

ご興味のある方は、ぜひぜひコメントくださいね!ヾ(⌒▽⌒)ゞ

 

 

ありがとうございました!