ベトナム「ハス茶」のご紹介

2019年2月11日

◆【ハス茶とは】
◆ハス茶いただきま~す

 

 

こんにちは!藤本です。

今日はベトナムのハス茶をご紹介しますね~!

 

 

 

【ハス茶とは】


ハス茶とは、蓮(ハス)をブレンドした緑茶の総称。
古くから多くの国でたくさんの人に愛されてきたお茶です。
中国の楊貴妃も好んで飲んでいたと言われているそう。
デトックス効果や、新陳代謝の促進、血行促進効果などが期待でき
特に女性に嬉しい効能が多く期待できるお茶なのです。

ハス茶には大きく分けて3種類あります。

●『蓮花茶』は、緑茶に蓮の花の香りを移したもので、一番飲みやすいお茶です。

●『蓮葉茶』は蓮の葉を乾燥させたもので、漢方のような苦味があります。

●『蓮芯茶』は蓮の実の芯部分を乾燥させたもので苦味が強いのが特徴。


 

 

 


ちなみに私が飲むのは『蓮花茶』です。
ハスのいい香りがします~(о´∀`о)

 

 

 

社長がベトナムのお土産で買ってきてくれたものなのですが
調べてみると、ベトナムで一番くらいに有名なメーカーのお茶っぽいです。

フックロンというコーヒーとお茶の専門店だそう。

 

 


1968年創業 PHUC LONG(フックロン)

あまり有名ではありませんが、ベトナムはブラジルに次ぐ世界第2位のコーヒー生産国。
ベトナム人はコーヒーが大好きで、ホーチミンの街には至る所にカフェがあります。
このPHUC LONGもホーチミンをはじめとするベトナム各地に店舗を構えており
連日多くのお客さんで、常にほぼ満席状態なほど人気のお店。

 

社長にそう伝えてみると、

「そうなん?いっぱい置いとったけん買った。」

…とのことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆それではハス茶、いただきま~す。

出所不明なみかんが二つ転がってますが
気になる方は【事務所のみかんテロ】をご覧ください。

 

 

ごちそうさまでした~(*´﹀`*)


ほんのりハスの香りと、すっきり飲みやすいお茶です。

 

 

もし「気になるな~」という方がいらっしゃいましたら

ぜひ事務所に遊びにきてくださいね(笑)

私のマシンガントークのお相手をして頂きます。

 

 

 

 

 

それでは、また明日~♪